質屋
    漫画やアニメの感想、日記・その他です。 モブΨコアルスラーンアクティヴDAYS
    『さぁ、アメンオサのおでましだー!!』
    とにもかくにも、
    藤原啓治さんに萌え尽きるに限る、一言。

    某尚也(仮)君に借りて、
    ちょこっとコミック読んだくらいしか知らないので、
    殆ど知らない作品です。


    で、
    冒頭から思いっきりヘコまされました・・・。

    痛々しすぎる(涙
    この手の、中国系の作品は、
    ちょっとキツ目なのが多いですが、

    あまり苦手意識は持っていないとは思うのですが、
    「良い人」が対象だとやっぱり キツイ(汗


    藤原節に酔いしれる本作、
    美少年は死ぬ! つーか、ほとんどみんな死にますが(爆


    で、前半はサンドさんとの出会いメイン

    とにもかくにも、チュンシャン強すぎだろ!、と

    山道だから、あんなに強いのかと思っていたら、
    最初からですか!?

    修行とかでどうにかなるもんなの?!
    さ、さすが4000年の歴史、
    ホント、ファイターってどんだけ強いのよ・・・(汗

    つーか、「半年」でも 無理だろ!、と

    オメンオサとか、要らなくない?
    とか、言うツッコミは無しですかぁ~!?(苦笑


    過去を知らなかった、オイラとしては
    かなり良かったです!!
    やきたてジャぱんヘアバンドも
    何気にかなり気になっていたので(笑


    チュンシャンさんが、初めて喋った時は、
    ちょっと ホロッ と、きました(汗


    この作品で、期待するのは無茶だろ、とか思いつつも
    モンリョンさんと幸せになって欲しかったなぁ~
    とも、やっぱり捨てきれないですよ(涙


    にしても、
    最後の最後まで、ウォンスル様が出てくるんじゃないか?
    と、淡い期待してんなよ、俺・・・(苦笑
    関連記事
    2005/12/28 | 映画 | TB(0) | ツッコミ(0) |
    この記事へのツッコミ
    ツッコミを入れる
    net 住所
    本文
    修正キー
    秘密 Act専用にする (管理人気付かない可能性大)
     
    この記事のトラックバックURL
    http://promoon.blog35.fc2.com/tb.php/198-d465ff29
    この記事へのトラックバック